マイクロソフトの新検索『Bing』がオープン

「マイクロソフトの新検索『Bing』がオープン」の有益情報をお届け!

SEO一年生 購入特典付レビュー

SEOの常識が実はウソだとしたら…?本当のSEOって何?

seo.jpg

目次

SEO一年生の最大のメリットは?

SEO一年生はどの程度の初心者なら出来るのか?最低限必要なスキルは?

SEO一年生を実践するのに費用はかかるのか?

SEO一年生は時間がない人にも出来るのか?

SEO一年生はモラル的にどうなのか?違法性や規約違反、良心に反することはないのか?

SEO一年生にデメリットはあるのか?

SEO一年生は類似商材と比べてどちらが良いのか?

SEO一年生はレター通りの結果が得られるのか?

SEO一年生についての質問受付

特典プレゼント

その他の商材レビュー



マイクロソフトの新検索『Bing』がオープン

マイクロソフトは2009年6月1日、
Live Searchに変わる新しい検索サービス
「Bing(ビング)」のプレビュー版を公開しました。


先月の発表では3日に正式オープンするとされていましたが、
プレビュー版を事前に公開したようです。


日本でも既にベータ版が公開になり、
Live Searchにアクセスすると
自動的にBingのサイトに転送されます。


日本など米国以外の地域では、
6月3日以降もこのままベータ版としてサービスが
提供されることになっています。

Bingが目指すのは
「ユーザーの意志決定を支援する」検索サービス
だそうです。


マイクロソフトではこれを
「decision engine(意志決定エンジン)」と呼んでいます。


単純に検索結果を羅列するだけの検索エンジンとは異なって、
適切な情報を選別して迅速に収集し、
最適な判断や意志決定ができるようにすることが目標となっています。


検索結果をカテゴリー別に整理して表示して、
「クイックタブ」で分類ごとに絞り込める。


商品の検索時には「ショッピング」という分類も用意され、
これを選ぶと商品の価格情報やユーザー評価を一覧表示する
機能を搭載しています。


ホテルの設備を比較してお勧めを示したり、
航空券のチケットをいつ買うべきかを提示したりする機能も備え、
ユーザーが欲していると思われる情報を
Bingの側で集約して表示しています。


こうした付加機能により、
単なる検索にとどまる他の検索サービスより
上を目指ざしたいところ。


ただしこれらの機能は、
当面、米国で提供される正式版でのみ利用でき、
日本など他の地域ではLive Searchと同様の
検索結果を表示するだけになっています。


クイックタブは日本でも提供されていますが、
表示される分類は限られるようです。


商品の価格情報を表示するような付加機能は、
順次検討して追加していく予定だそうです。


Bing 日本版サイト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。